台北 wifi

おそらく、台北は日本に住んでいる人が想像している以上に洗練された土地です。食べ物に困ることはないし、服だって日本と同様いろんなブランドが進出しています。住むところだって日本と変わりません。

 

もちろん、インターネット環境だって整備されており、その快適さは日本とほぼ同等、いやもしかすると日本よりも快適なのかもしれません。

 

その証拠に、台北では「台北無料公衆無線LAN」(Taipei Free)」といい、日本を含む旅行者に無料で使用することができる無線LANサービスが提供されています。これがあれば、日本からもちこんだスマートフォンで手軽に台北各地で無料の無線LANを使用することが可能です。

 

使い方はいたって簡単です。台北駅や松山空港などの主要ターミナル、もしくは大きめのホテルに使用したい旨を伝えるとIDとパスワードの書かれた紙を渡してもらえます。指定されたURLにアクセスし、登録作業を済ませるだけですぐに使用できます。サイト内は中国語、もしくは英語のみの表記ですが、各種ガイドブック、もしくは事前にネットで検索しておけばまったく問題なく使えます。

 

さぁ、これでどこへ行ったとしても無料wifiが使い放題と考えるのは少しばかり早計。さすがにそこまで至れり尽くせりではありません。無線LANが綱あるのは、あくまで主要ターミナルや大きなショッピングセンターやホテルの周辺のみ。そのへんの道端どこでもしようできるというわけではありませんのでご注意を。

 

それでは、どこででもネットに繋がりたい場合はどうすればよいのでしょうか?

 

それはもう、海外用wifiをレンタルで借りるのが一番ですね。グローバルデータやテレコムスクエアなどが提供する小型wifiを持ち歩けば、市内のどこでだってネットに接続することができます。無料ではなく有料ですが、一日あたりの費用は600円程度。これで台北でネットが使い放題になると考えれば安いものです。難点を挙げるとすれば、小型とはいえどそれなりにかさばること。鞄には入りますが、ポケットに入れるには少し厳しいサイズ。あと、バッテリーの持ちが悪いこと。電源を入れっぱなしですと、だいたい3時間くらいで使えなくなってしまいます。豆に充電をするか、使いたいときだけ使用するかでバッテリーを長持ちさせましょう。

 

ネットにお金も手間もかけたくないという人は、ホテルでの無料wifiが良いです。

 

大きなホテルでなくても、昨今はだいたいホテルにwifiが付いています。フロント、もしくは管理人に申し出ればパスワードを教えてくれるでしょう。ユースホステルだと壁にパスワードが書いてることもあります。

 

もちろん、サービスは日本と変わりませんので、SNSだろうとグーグルマップだろうとアクセス可能です。

 

 

▼うっかり海外でスマホを使って高額請求になる【パケ死】の予防対策!



WEBから予約が出来て、出発前に宅配や空港カウンターで受取りできます!